読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キクチミョンサ的

「なれのはて」ということばがよく似合う、ちいさなぼくのプライドだよ

恋をしよう

ぼくらは解散しても
ヤフーニュースには載らないから
ちょうどいいだろ

 

きみの目線が斜めに上がるまえに
恋ができる

 

浮かんで沈んで
ふくらんだ自尊心を脅かすような強いことば、ことばがほしい
飛び込んだのはぼくで、けれど流されてるのもぼくだ

 

どうか
嫌いになっておくれね
見えなくなったらおしまいだから

 

きみの目線が斜めに上がるまえに
恋をしよう

 

 

  

血と水

血なんて単純な道を流れてるから

つまらないな

迷いもしないし行き先をうしなったら

帰る場所しかみえないじゃないか

 

うすめたって飲めない話がある

うすめたからこそ飲めなくなったぬるい愛情

最高のパーティの端っこ

取り換えのきく飾り付けみたいな顔で笑ってた

きみをぼくは忘れはしないよ

 

あんなに雨がふったあとの水たまり

なにもなかったように歩くひとがすき

 

歩くひとがすき

 

 

  

3分間だけ夢見たいからBABY離れられない

カラータイマーというのがありまして。

わたしのようなものは「ウルトラマンだ!」とおもう。もうちょっと正直なわたしのようなものは「実際に知ったのは”帰ってきたウルトラマン”からだ!」とゆっている。知識と体験は塩と砂糖に似ていて、見た目は一緒でもことほどさように別ものなのだよフジ隊員。などと悪いムラマツキャップを演じている。ひまか。ひまなのかお前は。

 

かんじんのカラータイマーというものはウルトラマンが地球上で活動できる上限「3分間」を教えてくれるのだ。いわば「ごじゅうびょーう…いち…に…」というあたりで彼(?)が怪獣をぶっ倒すという様式美である。

 

さて、キクチはいちおう将棋ファンであって、べつに観たり読んだりするだけでもいいじゃない、とはおもうのだけど、やってることといえば細々とtwitterで絶版・稀覯本からの将棋ネタを散布するくらいで、ほかはオークションで競り落としたりCFに寄付したりグッズを購入したりと「てめえただ金払ってるだけじゃねえか」的な活動に終始している。それがあかん、わけではないし、そういう種類のファンがいてもいいではないか(もちろん菊池寛先生や七條兼三先生ではないゆえ、パトロナイズでなくあくまで一般アイドルファン的な応援レベルだ)とおもうのだけれど、やっぱりどこかで「あいつ駒の動かし方しかわからないくせにえらそうだ」なんて言われているかもしれない、なんて被虐妄想にとらわれ、年末からちょびっと勉強をした。

 

そして先述したように新年あけまして20年くらい駒をさわってもいない還暦すぎた父親(べつにアマ何段とか何級とかいう認定を持っているわけでもない)にスコンクでぶっとばされた。悔しい。そりゃあ悔しいぞキクチ。

 

「将棋ウォーズ」という著名なアプリがある。

てっきりスマホのみかとおもっていたら、PC版もあるとのこと。即決で(無料でも1日3局まで指せる)加入。そして練習将棋を指してみたら8級相手(とはいえこれはコンピュータなので設定が甘いのだとおもう)に突然勝ってしまった。調子にのって対人で3局、10分切れ負けを指してみたら圧倒的…惨敗…!当たり前か。

 

そしてきょう、10秒将棋をはじめてやってみたところ、30級(最初はそうなるもよう)のキクチはなぜか4級と手合がつき、超短手数(△34手まで)でまたも勝った。どうした、キクチ。

ひとり感想戦をしていたら、どうもふつうに向こうのトン死だったっぽい。

先手四間飛車、後手(わたし)ゴキゲン中飛車からはじまり、こっちが位をとったあと、向こうが囲っているあいだに、なぜか9筋の局地戦を選び駒得しまくった(角桂香歩2)。こちらは居玉かつ裸玉だったのだけれど、ほぼ常に攻める側だったので王手ラッシュ・アンド守り駒を剥がす、そうしたら先方がたぶん1枚目の角の利きを見逃していたようで角打ちで詰み。

10秒将棋なのと、内容が内容なのでまったく威張れたものではないけれど、一勝は大きいなあ、とおもいました。明日もやりたくなってしまう。

余話として、そのあと調子にのってもう2局指してみたら10級前後の方々にボッコボコにされました。ああん。

 

わたしは将棋ファンのなかでもある意味空気のような存在だけれど、ちょっとは指すほうが上達すれば、もうちょっとおもしろいかもしれん、なんて感じたこの2日。

「車」谷さんの曲が聴きたくなってこんなタイトルにしてしまった。

毎日毎日がLast Dance。

 

 

 

なごやかな狂騒

1月6日。

体調がファンタスティックすぎて午前中から何度もちいさく死んだり生きたりしていた。どうせ斃れるなら前のめりで、とウィスキーを呷る。なぜか楽になる。こう、ぎりぎり手がとどかない距離に置いてある何かを取ろうとしているが、ひょんな拍子に手がとどいちゃったかんじ。

1時間ほどはやく集合場所のVOXhallへむかい新年初ハートランド。まこっさん、おのまん、花柄ランタンのおぼうと駄弁ったりしつつ「将棋昭和史」など再読。賞味期限切れのどうぶつクッキーをもらう。なんだかんだいって、ぼくにとってnanoが実家なら、VOXhallは祖国みたいなものであるなあ、とおもう(どちらが濃い薄いとかいう話じゃないですよ、念のため)。

 

18時、村島、マルさん、ゲンさん登場(彼らはスタジオに入っていたのだ)。てっきりマルさんがサックス吹いてるのかな、なんて最初はおもっていたのだけれど「練習観戦」していたとのこと。なにその新手!

4人で「ここら屋」。なんだかすごく、ここら屋にいきたくって、半ば無理やり「おすすめっすよ!!」と巻き込んだ感はなくもない。鴨わさが食べたかっただけ説もあり。

とはいえ、ここは飲みものも食べものも提供スピードが速い。近くには店主ひとりでやっている魚のおいしい(しかも安い)店もあるのだが、いかんせんその都合上、混んでいるとディズニーランドになってしまう。あ、これ蛇足ながら、たとえばそういう店を「だから行かない」「好きじゃない」などと評するのは勝手だけれども、「だからいい店じゃない」とぶった切るのは品が悪い。わかったうえでつきあうものだ(と新年えらそう初め)。

そろそろ河岸を変えようか、というタイミングでいなめさん合流。将棋クラスタの方に簡略に説明すると、インディーズ音楽界のオジサン(※固有名詞)みたいなひとである。旧交をあたためる。ビールは冷えている。

 

つづいて「CAPO」。ここはわたしのこころのオアシスに近い。正確にいうならば、オアシスの木陰が見えてきたぞというときの安心感だろう。もっとも「お前砂漠でもそれ言えんの?」と問われれば、いや、自信がない。キクチ、超町っ子だから。旅行とかもいかないインドア派だから。比喩表現とはかくもはかなく、かなしいものなのだ。

正直に申し上げると、もうこのあたりから記憶はない。記録にものこらず、記憶ものこらず、な一夜。いいじゃないか。ただここまではまだビールばかりのんでいた気が…いや、「いちばんかわいそうな子(CAPOでよくわたしが言うのだが、つまりいちばん残っている焼酎のことである)を」と発語したような舌触りはいまだあるので、焼酎をいってしまったかもしれない。いやたぶんいった。きっとそうだ…ウッ、頭が…。

 

そして三軒目。

どこかもふくめて、なーんも記憶がない。

焼鳥が出て来たような気はする。あれは夢かまぼろしか。夢かまぼろしかわからないつくねのおいしさだけおぼえている。このブログは原則口述筆記レベルのスピードで推敲せず書いているとはいえ、自分でいま自分にツッコミました。「どっちやねん」

あとは先輩方に支えられて無事帰宅。泥酔して小腹がすいたのか、うどんを茹でようとして賞味期限が5日前に切れていたことに気づく。キクチはそういうのに潔癖なので、とたんに怒髪天をつき、転んだ。なぜ転ぶ(※酔っていたからです)。チクショウ、とかなんとかいいながらうどんをゴミ袋にぶちこんで失神同然でねむった。

 

マルさんの話でとても感動したのは「やっぱり甘酢餡より醤油餡のほうがおいしい(すきだ)」というものだった。兵庫出身、京都で学生生活を送り、現在は東京在住のマルさんの舌はわたしと似ていた。キクチも生粋の京都人として、あんかけは醤油餡にかぎる。いや、甘酢は甘酢でおいしいと感じるので(そして、ときたまむしょうに食べたくなる)「かぎる」は言い過ぎだろうけれど、これは牛肉豚肉問題(われわれはカレーだろうと肉じゃがだろうとカツだろうと「牛」である。つまり「ポークカレー」「トンカツ」などと呼称し区別する。豚は有徴の存在なのだ)などともからんで、抜きがたい「風土」というものの重さを連想させる。あ、食べものの話だから風土…ってわけじゃないです…今度は嘘じゃないっす。

 

三軒目でマルさんからキャップをもらった。ヤンキースのキャップ。本物パチモノは別として、おそらく、世界中で何千万個とかぶられているであろう、オーソドックスな、誰もが一度は目にしたことがあるであろうキャップ。

(追記※マルさんのキャップはヤンキースタジアムで買った本場中の本場ものである。そういうとこじゃなくって、文脈は「。」で切れているはずなのだが、そうでない受け取り方もありうるなとおもったので、念のため)

 

でもわたしはそれがマルさんの手で自分の頭にかぶせてもらったことがとてもうれしかった。オーバーに聞こえるかもしれないが、御池通りをガッツポーズしながら木屋町から堀川くらいまで走りたいほどうれしかった。「がんばれよ」より「見守ってるぜ」ってかんじの、さっきまでかぶっていたマルさんの体温がまだのこっていた。

詩人はときとして無意味に過剰な饒舌を好むが、ああ、マルさんは大人の男だ。そしてかっこいい大人の男だ、とおもった。

 

マルさんは「正しい目」と「自分の目」をともに持っていて、世界(目にうつるものや聞こえることなどすべてをそう呼ぼう。だからこれは「正しい耳」「自分の耳」と言い換えてもかまわない)を複眼で受け取り、解釈し、分け入ってゆく。なかなかできそうでできないことだ。こんなバカオロカキクチが言ってもなんの説得力もないが、世界と真正面から向き合うのは、とてつもなく疲れる。傷つく。片目くらいはつむっていたいし、もう片方の視界も、できればうすぼんやりしていたいものだろう。

それはある意味で自然な防御本能、自己保存本能だとおもうけれど、それでは見えないものは多々ある。そのせいで見えなくなってしまう事物が多々ある。

 

マルさんの目はけっして大きくないが、それがとらえている真理は深い。

正しさの重みはそれそのもの自体にではなく、運用する人間の規矩にある。

 

 

 

テンペスト

夜があけて

生乾きの服もすこしは

からだから離れてくれたかい

地球の表面をなぞりながらねむるような

そんな孤独はなかなか慣れてくれない

 

あらしのようなひとに恋をした

 

やけにしゃべりたがる憂鬱だけ

膚を洗ってくれるが口許はひわれたまま

ここにいるということが

ぼくをどこへも行けなくさせる

ことばになんか

見つけられなければよかったな

 

あらしのようなひとに恋をしたのは

船が沈む五分前のこと

 

東京の夕方は居酒屋のなかで暮れていった

当然ぼくらそれを見れずじまい

なんにも知らない顔で

東京の夜、みじかい旅をした

意味がなにか連れてくることはあっても

先立った妄執のほうがきれいだ

 

雨はふっていなかった

とても平凡な夢の続きだった

 

 

 

こんなことおもった

あけました。

皆々様におかれましては、本年も相変わりませずよろしくおねがいします。

 

今年の目標については元旦にSNSのほうに挙げましたが、要約すると「よい詩を書くこと、書きつづけること」(一緒じゃねえかとおもわれそうですが微妙に意味合いがことなります。前者は上限、後者は水準の話です)そして「いつでも”わたしはこうおもう”と言える人間であること」。

「みんなが~」「誰かが~」「ファンは~」などとひとりよがりに代弁することでおのが保身に走るのではなく、他人を殴ろうとするなら、こちらも相手に殴られうる距離で、土俵で、個人と個人でしっかりと対峙したい。言論の自由表現の自由、絶対に堅持しなくてはならないものですが、そこを逆手にとって自分勝手な都合で援用するような匿名的人間でなくありたい。仮にもプロの詩人がこう言っちゃっていいのか、若干ためらいはありますが、詩人であり人間として、それだけはわたしにまだしがみついている尊厳考です。記名性、これ、キクチのおそらく生涯を貫くテーマ。

 

年を越した瞬間はふつうにねむっていました。合議制マッチで先生方、関係者が奮闘しておられるなか情けない…けれど数年来、なるべく大晦日は寝るようにしています。20歳ごろまでは家の行事、それ以降は職場(ライブハウス)でも演者としても恒例のカウントダウンイベントという習慣が10年近く続いてきたので、その反動なんじゃないかしら。誰かと遊びにいくのも、なんだか、さえんなあ、とおもう近年です。

 

きのうは夕方から実家に帰りました。

実家、といっても徒歩25分くらいの距離ですが、わたしはふだんからあまり家族と会わず(年に多くて10回程度だろうか)、また連絡もとらないため、しらふでは場が持たない。午前中から焼酎をキメていった。どれだけ家族におびえているのだ、キクチよ…。しかし到着後早々にビールをのみだしたため、それはばれなかったようでよかった。

夕食のあと、はじめて父親と将棋を指した。「では、お父上の振り歩先で」と、人生初の振り駒たのしかったなあ(かわいい)。

こちらは朝にハム将棋に勝ったばかりで意気軒昂(それもどないやっちゅうねん、というレベルの話ではある)、悠々とゴキゲン中飛車に振る。振り飛車がすきなわけではなく、ただ単に原田先生がすきだからお弟子の近藤先生に操を立てている、みたいなところがあります(それもどないやっちゅうねん、以下略)。父は居飛車でじっくり囲う。こちらがガンガン攻め、向こうが受ける展開。しかし「20年ぶりくらいやろか」という父とはそれでもあきらかに手合がちがい、不用意な天使の跳躍からボッコボコにされる。最後のお願い王手ラッシュ!で駒台(テーブルのうえですけど)から駒が消えたのち、感想戦でもボッコボコにされる。父さん、あんた、強いよ…。

しばらくはハムと一緒にがんばりたいとおもいます…(といっても勝ち越しているわけではない)。

 

かつての自分の部屋にふとんを敷いてもらっていたのだけれど、現在は物置き、というか衣裳部屋?となっているそこは禁煙になっていた。着物なんかもあるから当たり前か。キクチ負け犬は「ケッ、たばこ吸えないならいいよ」などとひねくれしょぼくれ居間のソファーでねむったのだった。

 

そして本日。

これは蛇足だなあ、絶対にぜったいに蛇足だろうなあ、とおもいつつ、でもあえて書くのだが、三浦先生の復帰、おめでとうございます。おかえりなさい!

ただ、TLが「ヤマダ電機さんかっこええー」「もう家電はヤマダで買います」的盛り上がりをみせているのにちょっとばかし違和感があり。というのも、ヤマダ電機さんは長年のご協力、またこのご時世に新棋戦を主催してくださるなど、たしかに将棋界にとって得難いスポンサー企業ですが、2014年のブラック企業大賞に選出されていることもまた事実です(当該賞の信頼度は措くとしても)。

で、べつにいいんだ。「三浦先生を信じつづけてくれたヤマダ電機さんありがとう!」「ていうかそもそも将棋界を応援しつづけてくれてるヤマダ電機さんありがとう!」はぼくも賛同。ただ、問題は「それはそれ」「これはこれ」ってちゃんと分けて考えているひとがどれほどいるのだろう、という点。

引き合いに出してしまったヤマダ電機さんには申し訳ないけれど、ずーっと今回の一連の動きのなかでそういった視座をもっている方が異様にすくないようにおもった。波がおしたり引いたり。ゼロか100か。ゼロと100のあいだにある1から99を、まるで意識的に見ないようにしているような言動も目立った。

目の前にある情報だけで見ようとしてもそのものは自分が見たいようにしかうつらず、感じられる勢いや波まかせでは見当違いの方向に流されてしまう。

それは奇しくも、疑惑が湧出したころと第三者委員会の判断、三浦先生の会見、連盟の発表を経た今、主張はどうあれ「見たいものだけ見つづけている」ひとたちの信念なき義、みたいなものとかぶって感じられます。それなら「三浦先生がやるはずないって信じてる」のような感情論に立脚した、けれどゆるぎないスタンスのほうが560倍くらい個人的には共感できる。

わたしは、やれこちらで煙が立ったから薪をくべにいこう(2ch名人なんかでいうところの「燃料」とはぜんぜんちがいます)といった感覚、気軽さ、傷つかないからこその傲慢さで発言するひととほんとうにちゃんと話がしたい。正義の暴力をふりかざす「他人」に。

 

最後に、キクチは、三浦先生と連盟、また棋士や棋界関係者のあいだでできるだけ「当事者たちが」「納得または受容しうる落としどころ」が見つけられることを願います。

先生たちはファンが大事だという。それはしごくまっとうだ(ありがとうございます)。しかし、(ある程度は)ファンのおかげでこんにちの棋界があるかもしれないけれど、ファンのために棋界があるわけではない、とわたしはおもう。

「それはそれ」「これはこれ」。

 

ともあれ、繰り返しになりますが、三浦先生、おかえりなさい!

大向こうから「待ってました!」の声が聞こえているでしょうか。

 

 

 

STAND ALONE

こころを叩いても

応えてくれなくなるのが怖い

ぎゅっと縮んでく

懐かしい戦場の果てに夜が滲んで

ぼくは詩人です

自爆しようったってまわりに誰もいない

踏める地雷も見すえる未来もぼやけたここは安全圏

変な意地張って現代詩なんてこだわるつもりじゃなかった

けれど負けたくない あれは不安おばけだったんだ、きっと

手癖で描いた星でも、星は星だとそれなりに輝いていたもんな

 

歌の向こうに愚者の行進

光はひかりのうちあたたかいが

だんだん冷えるって認められないだけで

欠けて割れてしまった情熱をひとかけ分けて

言い訳したんだ この地団駄がいつかの笑い話になるんだって

歳月はきみのこと誹りも殴りもしないがただ平静

ゆっくりと流れ出してゆく血を止められない

ぼくの夢を見る才能はずいぶん少なくなってしまったな

 

持ってるだけで安心できる武器がほしい

 

気がつけば敵も味方もそれ以外もどこかへ消えている

補給線途絶、感受性応答ナシ いつものやつよりすこしおとなしい

狂える子羊たちのため、耳かき一杯程度の愛を

置いて行かれないように乞い願うよ

 

暗がりをひとり走っては転ぶ、見つけてほしいだけの孤独

エンドロールを待てない戦争ごっこ、ほんとのこころはどこ

そうだ、きみには名前がないな

なにか考えてやらないとな

 

きみのためじゃない、ぼくのためだ