キクチミョンサ的

「なれのはて」ということばがよく似合う、ちいさなぼくのプライドだよ

BOYS BOYS BOYS BOYS

名古屋へいってきた。 滞在時間4時間ほどの弾丸ツアー。 体調が悪すぎて、「ロイ・ビーン」であのタマネギ馬肉野郎に足の指ふっとばされてひょこひょことしか歩けないおじさんみたいになっていた。でも、いった。尾籠ながら、途中駅や新幹線のトイレで何度も…

夢を与える

さびしさは鳴る、だったか。 キクチバカオロカのトリ頭では一言一句正確におもいだせるわけではないが、綿谷りさ「インストール」の冒頭だったように記憶している。 本題といっさい関係ないけれど、わたしはもし私立の高校に進学していなければ、区域的な関…

Why I'm me

歌をうたい終えたあとのパーティに、ひびく声のこと。 テーブルごとの雑談、ちょっとしたジョーク、だれかの噂話、灰皿交換するスタッフの「そろそろ帰ってくれんかな」という気持ち、PA卓をやさしくなぜて布をかぶせるおっさん、ちょうどいいところでなくな…

Error

「墨攻」が中国映画になっているのを知って腰を抜かした。いや、でもそりゃ舞台は中国だもんな。 わたしは漫画版(日本の作品)を愛読していたのですが、あれは地味ながらよいもので…しかしなんというか白髪三千丈的世界観とはあまりにも相いれない内容であ…

ドッグイヤー

そのリハスタには柴犬がいた。 賢明なる読者諸兄に対して、こしあんのうえにつぶあんを重ねるような神をも恐れぬ所業かとはおもうが、いちおう説明すると、リハスタとは「リハーサルスタジオ」、つまりバンドマンみたいなものが練習みたいなことをする場所で…

どうにかなる日々

冷え切ったラザニアを フォークで突き崩して 手応えのないやわさと固さに そこで満足した フェイク・プラスティック そんな顔しなさんなって、あやふやな初夏の断面 冷蔵庫になんて入らないまま なんとなくふたりで ゆっくり死んでいこうぜ ぼくの名前は嘘に…

さわって・変わって

2017年6月前半戦は、総括すると、なんだかひとりで沈んでひとりで溺れていたような気がする。べつにふたりでも10人でも溺れたら死ぬのだが、なんていうか、こう、さみしいじゃないですか。御同行。どざえもーん! いろいろ「なめんなよ」とおもうことが続き…

ストライクス

スマホキクチは最近、「スクスト」というゲーム(アプリというのかしら?)をやっている。スクールストッキングではない。スクールガールストライカーズの略だ。2014年にサービス開始(なんだかいやらしいですね)とあるから、こういった一連のゲームのなか…

すこし足りないな

半袖というのは、長袖に対する有徴の存在なのだろうか。あるいは長袖が半袖の延長線上の不完全なるものなのか。それでは七分袖は。タンクトップは。 またぞろよくわからないことを考えだしてしまった。初夏とはいえ、半袖ではすこし肌寒い夜ですね。キクチだ…

TOKYO SKYWALKER

たましいが、なにかぼんやりしているので、外へ出てみたら寒かった。 寒いといっても最低気温15度やぞキクチ、そういえば、つい2ヶ月前なら15度もあれば「わー、あったかーい!」と喜んでいたものだ。ことほどさようにわたしは相対的にできている。逆にテン…

忘れたころにかえってくるよ

腕を切らなくするのが ずいぶんとうまくなった 彼女の シャンプーの においの横でねむる ひっかき傷がふさがるくらいのあいだ 夜と朝を交換した気分で うすい耳たぶを噛んだ おもったよりしょっぱかった 懐かしい、以外どこかへ出かけていって 戸惑ってしま…

she

さみしい、のかたちに 折り重なって死んでゆく ひとりごとのなかに わたしと似た顔をみつけた タイムラインの流れにそって 点々と血が湾曲している スワイプ、画面越しの愛撫 暗がりでしか光らない祈りもある そのうち屍が増えすぎて さみしい、はずいぶん崩…

独特の孤独

でろでろである。バック・トゥ・ザ・フューネラル。 ステータスのほとんどは墓石流死間飛車に振っておりますキクチです、こんばんは。盤上のストロベリー・フィールズ。誰だポーン埋めたの。ちがったポールだ。 どれくらいでろでろかというと、という話を、…

今夜のぶんだけワインを買って

今夜のぶんだけワインを買って うちへ帰りたい きみに仮借した表現でいえば 69本は余裕があるけど そういうことじゃない 点滅する光の端と端をぐっと握って 無理やりむすんでしまえるような 最後の合言葉 ほんとうに聞こえなかった 王様は星座をつくり ぼく…

詩のはなし、すこし

「どうやったら詩がうまくなりますか」 よく聞く質問です。 そもそも詩なんて書いてる時点で、そして「うまくなりたい」なんておもうならまして、彼氏彼女には愛ある「キチガイ」という称号をおくりたい。いや、これ、皮肉でもなんでもなくって。御同行、沼…

「Lucky」

ゆうべはうどんを食べて寝た、と書いた「ゆうべ」がおとといのことならば、ゆうべは漬け物を食べて寝た。つぶれた。べっぴんさんを相手にキスもできなかった(したかもしれない)。 つまり記憶がない。記憶がない、ということは、記憶がないということを記憶…

うどんバラード

ゆうべはうどんを食べて寝た。 清志郎ならクルマの中で、あの娘と手をつないでいるのだろう。 わたしは「なんかよくわかんないけどダウナーだぞ、ついでに胃も痛いかもしれないぞ」という悪い予感のかけらと手をつないでしまったので、おとなしくノバミンを…

Fugee(The Score)

藤井、という名前の知り合いがなんとひとりもいないことに気づいて愕然とした。愕然。声に出して読みたい日本語。 正確にはひとりだけいるのだが、そいつはちょっと頭がスウィーティで、向井秀徳にあこがれるあまり自分の恋人やバンドメンバーに「向井」と呼…

携帯するわたし

先月、人生ではじめてスマートフォンというものを買った。 わたしはいまだにメールアドレスがvodafoneであることから容易に類推できるように超のつく保守系タカ派ガラケー詩人だったうえ、去年の秋から不携帯な(くした)のだが、ここしばらく、血を吐いたり…

悪魔がきたりてぴーひゃらら

kntr.world-scape.net 先日、うさんくさそうな音楽業界のひとが「10人も動員できないバンドマンは辞めるべきだ」的なアオリのブログ記事をアップしていた。そのひとのプロフィールやふだんの発言があまりにうさんくさそうなのが原因なのか、炎上商法狙い見え…

自分の感受性くらい

詩人です、と自己紹介すると「感受性が強いんでしょう?」「感性が豊かなんですね」などと返されることが多い。どれくらい多いかといえば雨の夜にセンチメンタルになっちまう男の数くらいさベイブ。適当にいいました。 個人的には、まったくそんなことないん…

3月のライオン

日記を書くのはずいぶんとひさしぶりですね。長いことぼんやりしていた。とある締切まで3日を切り、先方はやきもきしているかもしれないけれど、まあ、なんとかするのがわたしですよ、とえらそうに言ってみる。それはさておき。 レイトショーで「3月のライオ…

夢の話

まだもうすこし 夜はねむっているから はだかのまんま語っていいとおもうんだ どんなに暗くっても 光はひかり きみの名前とおんなじ いつもの交差点のちょっとちがう側を渡ってみた なんにも変わらなかった なんにも変わらなかったけど それが それ自体がど…

白と黒

世界が止まっても ぼくらが止まっても あんまり関係ないような 気がする、けどな、今すぐ 会いに行きたいんだ 交差点と信号の動力、新京極あたりの喫茶店で いささかくたびれた顔をつきあわせてもいいじゃないか うたえどもうたえども見世物になりきれないけ…

「せかいのせなか」

気がついたら戦争はおわっていた。 いや、ほんとうに戦争があったのかどうかはよくわからない。そもそも、それを戦争と呼ぶべきだったかどうかさえも。 事件、できごと、トピック、ともかく、なにかたいへんなことが起こって、それがおもっていたよりもあっ…

トロンプルイユ

母国語の外へ 逃げ出したくなるときがある 意味の染みこんだ服を脱ぎ捨てて なんとなく笑っていたい それはカン違いのようであればあるほどいい ぼくの思想や肉体は貧弱でも それが白日のもとへさらされているのを 想像すると、ことばがぼくを超えてゆくのを…

遠い湖

右手と左手の親指 爪の長さがずいぶんちがった パドルを操るのにどちらがいいか知らない 触感!やわらかく腐ってゆく夏の水道水 木は黙っていてもあたたかいな 遠いあの湖へ 新宿、ほの暗い遊歩道 酔っぱらった大学生や浮浪者をよけて泳いだ ふしぎだね 7年…

踊り場から愛をこめて

ぐるぐるぐるぐるまわった 赤錆びて骨ばったらせん階段を ぐるぐるぐると上がった 上がってるつもりでたまに迷った この人生にはいくつか踊り場があって いま、そこでたばこふかしてるところ 遠くなったあのこの街は薄曇り 目をほそめた自分の顔はきらいだ …

午前3時の吉本隆明をぼくは忘れない

「午前3時の吉本隆明を君は忘れない」という歌詞をあなたに贈ります。笑。作曲はできません。(マキノ)— 西遊棋実行委員会 (@kansaishogi) 2017年1月23日 午前3時に凍った血が ことばの触手から逃れようとして 室外機のかげで汗をかいている ぼくもまたひと…

ぼくが「読む将」になったわけ

将棋ファン、という存在の下部カテゴリが数多登場しだしたのはここ数年の話だとおもう。いわく「指す将」「観る将」「撮る将」「描く将」「ネタ将」など、その分類は多岐にわたり、それ自体はSNS(および個人メディア)時代においてほかの分野と足並みをそろ…