読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キクチミョンサ的

「なれのはて」ということばがよく似合う、ちいさなぼくのプライドだよ

じぶんで答えてみる

いったいぼくはなにに怒っているんだろう

あなたが死んだってそれはすでに過去の話なのに

すこし経てば昔いいやつがいたって

手向けられる花としてはもう、じゅうぶんじゃないか

飾られる華やぎとしてじゅうぶんすぎるじゃないか

 

いったいぼくは誰を殺したいんだろう

血が流れたってたいした詩にはならんよ

すこし経てば昔ばかなやつがいたって

くくられた経緯として、じゅうぶんじゃないか

じゅうぶんじゃないや

他人事のように咲き誇ったあとで

素直にしなびてゆくだけなら

じゅうぶんじゃないや

ぼくの死に方はそれでもいいが

生き方ならば、とうてい間に合わない

 

どうでもいい一日の終わりに

どうでもよくない道を歩いてる

悲しみなど所詮浮世の上でも下でもなく

ただ漂うこと描くだけさ

 

ただ漂うこと掴みたくなるだけさ