読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キクチミョンサ的

「なれのはて」ということばがよく似合う、ちいさなぼくのプライドだよ

帰り道のあて

酩酊していつもさよならしてる

律儀すぎる頻度で手を振る

じぶんが今、ここにいないことが不安だ

 

日が落ちるころから

ちょっとおかしくなるのはいつものこと

 

ぼくの棲むマンションにだんだんひとが帰ってくる

ヒールの音高く、くたびれた歩調

ちぐはぐな五線譜 抱きしめてやりたいなあ

夜のうえから

朝が降りてくるわけでなくとも

ついつい見上げてしまうのはなんで

すれ違うときのつくり笑いくらいでちょうどいいか

 

どこへもゆかなければ

帰り道の心配はしなくていい

どこへもゆかないから

もう帰り道のことは忘れさせて

ほしいだけさ

 

酩酊していつでもさよならできる

おだやかな温度できみをおもいだせる

黙って座って待っていればいい

ぼくを殺しそこねた11月が行って

12月が首を絞めにやってくるだけのこと