読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キクチミョンサ的

「なれのはて」ということばがよく似合う、ちいさなぼくのプライドだよ

テンペスト

夜があけて

生乾きの服もすこしは

からだから離れてくれたかい

地球の表面をなぞりながらねむるような

そんな孤独はなかなか慣れてくれない

 

あらしのようなひとに恋をした

 

やけにしゃべりたがる憂鬱だけ

膚を洗ってくれるが口許はひわれたまま

ここにいるということが

ぼくをどこへも行けなくさせる

ことばになんか

見つけられなければよかったな

 

あらしのようなひとに恋をしたのは

船が沈む五分前のこと

 

東京の夕方は居酒屋のなかで暮れていった

当然ぼくらそれを見れずじまい

なんにも知らない顔で

東京の夜、みじかい旅をした

意味がなにか連れてくることはあっても

先立った妄執のほうがきれいだ

 

雨はふっていなかった

とても平凡な夢の続きだった