読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キクチミョンサ的

「なれのはて」ということばがよく似合う、ちいさなぼくのプライドだよ

トロンプルイユ

母国語の外へ

逃げ出したくなるときがある

意味の染みこんだ服を脱ぎ捨てて

なんとなく笑っていたい

それはカン違いのようであればあるほどいい

 

ぼくの思想や肉体は貧弱でも

それが白日のもとへさらされているのを

想像すると、ことばがぼくを超えてゆくのを感じる

きみは嘘つきじゃないが

嘘に近い何かでできている

 

きっとほんのちょっとした目の錯覚みたいなものなんだ

夏の暗がりに立ち尽くして愛の断末魔を聞いた

形而上的セルフネグレクト、待てど暮らせど 

痛みは痛みのまま、文脈を突っ切って

ぼくの知らない場所へ帰ろうとする

 

アルファベットのなかにいないひとと

五十音で解き明かせない謎がねむりにつく

ベッドのうえは黙りこくった血だまりでいっぱい

意味の色じゃない赤い赤い「わからない」

笑えない

 

そちらから見ると

ぼくはどんな顔をしていましたか

 

母国語の外へ

逃げ出したくなるときがある

けれど

痛みだけは無言で

その横を通りすぎて

ぼくの知らない場所へ帰ってゆく

ぼくもまた何かしらの嘘でできている