読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キクチミョンサ的

「なれのはて」ということばがよく似合う、ちいさなぼくのプライドだよ

かなしい夢なら見ずにすむだろう

コンビニ店員の薄ら笑いに慣れた

論外のメソッドは見ないでそっとレシートと一緒に捨てればいい

暴虐には暴虐を、揶揄には揶揄を

なまぬるい独創性を描いた

それでも人はそれなりに集まるもんだ

 

大好きな曲を再生する、頭のなか、歩く

はにかんだって、かじかんだ手

わたしの命はあと5分間だけ

ドアを開ける

その重さは問題じゃない

 

最初きらいだったきみのハンドクリームのにおいが

いつのまにか気にならなくなってた

 

そういうふうに日々をめくっていける幸せ

けれど鏡の前に立てばまだ薄ら笑いのぼくが見える

消えるなよ、血が涸れても、脳味噌だけはこのスピードで

まわれ

 

陳列棚には馴染みのない商品がずいぶんと増えた

あたらしい名前あたらしいかたち、なんにもうれしくない再会

会いたいかと問われれば

会いたくはない

でもお互いそれとわかったうえですれ違いたい

 

暴虐には暴虐を

揶揄には揶揄を、

 

最初きらいだったきみのハンドクリームのにおいが

いつのまにかすきになってた

あれは

冬のおわりだった