キクチミョンサ的

「なれのはて」ということばがよく似合う、ちいさなぼくのプライドだよ

千駄ヶ谷戦記

「マジか」「この子マジか」

心のうちに藤森先生が降臨した。

と、いっても、場所は日本将棋連盟東京会館2F道場。

おそらく小学校低学年であろう彼は延々ノータイム指し。こちらが10秒でも考えこむと、すぐに隣の対局を覗きこみ、それにも飽きると椅子の上で足をぶらつかせながらこっちの顔をじっと見つめる。

(早く指してよ)(このオジサン、なんでこんなとこで考えるんだろ)(ひまだなァ)

なんて、わたしはサトリの妖怪ではないから、これはただの被害妄想でしかないのだが、おそらく八割がとこ、当たっているだろう。

 

もともと「知識」として、子どもは早指しだということはわきまえていた。実際、小学生名人戦なんかも、映像で観るかぎり相当なもので、しかしそれはあくまで小学生にして有段者という高次元での話だとおもっていた。

ちがった。

わたしの対局相手はみな、級位者のなかでも下位にかかわらず、マシンガンのように手が伸びる。

それが序盤ならまだわかる。けれど、中終盤になっても変わらない。今回対局した5人の小学生~10代半ばごろの少年たち、いずれも同様であった。

キクチは、5局指して2勝3敗。

そのうち2敗は反則負け(二歩はまだしも、もう一度は焦って自分の歩をとってしまうという愚挙)とはいえ、あえなく13級の認定を受けた。

もう1敗は認定後の最終局、左香落ち上手をもってのもの。

これにより、キクチはなんと「駒落ち初体験が上手」という世にも奇妙な経歴とあいなった。

 

これでもわたしは今年から(指し)将棋をはじめて、ウォーズ5級なんである。それも10秒で。けっして長考派なわけがなく、棋神だって、はじめたころにbot相手に一度使ってみただけで、天地神明に誓ってそれ以外頼ったことはない。

もちろんウォーズの5級というのは、実力5級もいれば、町道場での10級くらいもいる、というのもまた「知識」としてはわかっている。

けれど、いくらなんでも、ここまで自分がヘボだとはおもいもしなかった。「SLUM DANK」安西先生ふうに言うならば「下手くその上級者への道のりはおのが下手さを知りて一歩目」といったものだろうか。

 

星は●○●○●と綺麗に並んだ。もっとも、囲碁やオセロなら…などと言わないでいただきたい。

キクチは先後とわずすべてゴキゲン中飛車か5筋位取りに美濃、片美濃囲いなどといった「いつもの」。

2局目は定跡知らない同士対決、といった趣きで、なぜか序盤で相手は飛車まで使って穴熊(的なもの)を組んでしまった。はなっから大駒が死んでいる。ヤッター!とおもいながら大優勢を築いたところで決着。

4局目は今回のなかでも最長時間(子ども相手で20分超かかった)で、実力的にもいい勝負、といったかんじだったが、最後は駒得がものをいい、飛車角を叩ききって金銀を剥がし寄せきった。

もっとも、そのあと5局目ではその真逆のパターンを喰らい、詰ましあげられてしまう。とにかくわたしには8筋が鬼門です。

 

1500円の席料を払っているのに「ここまでです」と止めたキクチのことを、手合い係の女性はすこしいぶかしげに見遣った。

日曜日の午前10時(開場)からやってきて、2時間指しただけで帰るスーツ(というか準礼装)のロン毛ヒゲ男は、彼女の目にさぞかし奇異にうつったこととおもう。

しかし、もう脳みそが汗をかきすぎていて、頭もウニになっていて、菜の花がトウが立っただけでしぼむような、詩人は頭が悪いから精華大に行った、そんな状態だった。

生まれてはじめて知らないひとと対面で将棋を指し、しかもその全員が15歳から下手すると25歳くらい年下で、強い(わたしが弱いだけという説もある)。

また、道場の雰囲気、つまり数十人のかすかな囁き声、比して高い駒音、一種の儀式にも似たようなその神聖な空間。慣れてしまえば居心地よくなるのかもしれないが、門外漢におけるプレッシャーたるや、生半可なものではなかった。2局拾えたのは僥倖だった(最初は全敗も覚悟していた)とはいえ、もう、オジサンのライフはゼロよ!というところである。

ちなみに5局目の相手(中学生にしてはふけて見え、10代後半には稚い男の子)は完璧に指し手のモーションが羽生棋聖で、なんか悔しかった。

 

かくて、わたしの初道場体験は、まさかの総本山・千駄ヶ谷にてつつがなく終わった。

意外だったのは、これまで対面では友人としか指したことがなく、仮に相手が格上(元将棋部など)でも特段勝ったうれしさもなかったのだが、まったく知らないひとを負かすのは身体の奥がふるえるような高揚感があったということだ。むろん、逆はその倍も「ああん」となるわけだけれど。

対局と対局のあいま、駐車場の喫煙所でたばこを吸いながら「がんばれがんばれキクチ」「負けるな負けるなキクチ」と、どこのコバケン先生だ、どこの脇先生だ、どこの今泉先生だ、とおもいながら、それでも頭をポカポカ叩いたりした。

 

帰りに中村王座の「木鶏」揮毫の扇子を買った。

これまでは久保王将「万里一空」、佐藤(康)九段「千思万考」を使っていたけれど、いずれもいただきもので、はじめてみずから購ったということになる。

中飛車党としてはちょっとどうかとおもうのだけれど、単純に語意だけでいえば、いまの自分らしいのはこれだな、とおもう。

 

そんなわけで、将棋を指すわたしの友人たちよ。

具体的にいえばテツさんや村島、ニシヤマ、ナツキくん、ハルラモネルよ。

また今度、一局やりましょう。

 

ビールとチューハイをしこたま買い込んでキクチは新幹線に乗った。

疲労困憊していたにもかかわらず、プルタブはちゃんと開いた。まだ初心者と初級者の狭間くらいにいるけれど、悪くないな、とひとりごちる。

むかし故・升田幸三名人が記録係の故・大内九段(当時奨励会員)にむかって「きみは何級だ?」「そうか、いいなあ。どこまでも上がれる。しかしわしにはもう上がない」とおっしゃったのをぼんやりおもいだした。

 

三河安城を過ぎたあたりで、ほどよく酔いがまわってきて、うとうとしながら。

 

「将棋、大好きです」

「今度は嘘じゃないっす」

 

 

 

「目の前のつづき」

死んじゃうかもしれないから

家の鍵は開けておくね

 

「見つけて」

そんなサインを

単純に、明快に

遊びの誘いと勘違いしてしまった

 

音信不通、冬、ふる、えながらのクルーズ

 

閉じた瞼の裏側

毛細血管で埋め尽くされて

赤いな

和解がきかない若さもある

いつでも季節は途中のままなのに

 

遠くの、孤独と、ぼくの奥のモノクロ、遅くも早くもない速度

進んでゆくだけ

 

目の前のつづきに

嘘はなくとも

やけに驚きは

歳をとっている

 

さっきまで首を締め上げていた真綿が

今ではやさしく肩をあたためて

夜の間いっぱい終わらないたたかい

ぼくがきみを謀ったことはあったかい

 

炭鉱のカナリア、がなりたてた、かなりリアルな夢ばかり見た

話がある、まだ間に合う、ちょっとだけ遅刻する

いつまでも季節は途中のままなのに

 

目の前のつづきに

たとえ嘘はなくとも

やけに驚きは

歳をとって

あんなに弄んだはずのことばを

他人事のように見遣るだけ

密室殺人のトリックは崩れた

はなから裏切られた、そんな幸せもある

 

音信通ず、冬、ふる、えながらのブルーズ

 

いつだってぼくらは

途中のままなのに

 

かけがえのある日々をかけちがえても

世界は世界でしかないのだから

 

 

 

  

 

夕暮れ時を待ちながら

妖怪ぶちまけ娘がやってきて、今度はなにも起こらなかった。

なにしろ彼女は、誕生日ケーキを落とし、ワインをひっくり返し、これまでキクチ家に多大なる損害を与えてきた一種恍惚の人である。成長したんだね。えらいえらい、とわたしはこころのなかでそっと彼女の頭をなぜた。

 

その日の昼には、旧い友だちから、ずいぶんと理不尽な電話があった。理不尽というのは彼女側の問題ではなくって、彼女が直面したとある出来事を指す。バカオロカキクチは寝起きの焼酎をのみながら3時間ほどそれを聞いていた。ときどき茶々を入れながら。もっとも、その内容がおなじく旧友と絡むものだったので、それなりに傷んだ。

ずっとみんなと空き地で遊んでいたはずなのに、友だちはどんどん「夕飯よ」の声に呼ばれて家に帰ってゆく。気がつけばひとり、ふたりと影が消えている。欠落ではなく、喪失。持ち重りのする喪失。今の自分の気持ちを喩えるならそういうところである。

とはいえ、みんなもう三十路を越えたのだものなあ、家庭やら仕事やら、このあとはローンや介護や色々出てくるだろうからなあ……致し方なし。と割り切れないあたりにキクチのモラトリアム気質が如実に浮かび出ているようにはおもう。おっ、なんだか今回の雑記はまじめだな。12時間前からのんでいるというのにな。

 

妖怪ぶちまけ娘は会うたび綺麗になってゆく。

はじめて会ったのは20歳のときだったから、たかだか3年程度のつきあいでしかないのだが、「男子三日会わざれば」どころのスピードじゃない。いい女は問答無用ですくすくいい女になるんだ。怖いような、うれしいような。

またそれを観ている自分がゆっくり齢を経てゆくのも、うれしいような、怖いような。

 

朝方、将棋を指した。平手。後手ゴキゲン中飛車

約60手ほど後、「この王様、いただいとくよ」と、塚田名人が大野九段に言ったふうを想像しながら、口にした。

どうしてそんなことが起こりうるのかって?彼女が将棋を指すのははじめてだったからだ(つまりなんにもえらそうに語れない)。

ただ、龍や馬をバッサバッサ切って詰めていくのは、手合い違いとはいえ愉しかったです。感謝、感謝。

 

気がつけば妖怪ぶちまけ娘と20時間近くのんでいた。

前日からかぞえれば(仮眠をふくめ、だけれど)40時間以上になる。

それから10時間くらいぶっ倒れて、鬼のようなふつか酔いを経て、またのんで、のまれて、肴はあぶったイカじゃ嫌なので漬物なぞつまんで、一度断酒(せいぜい半日なんだけどな)を挟んでまたのんで、なんだかんだと今に至る。

 

晩秋から初冬へ衣替えした午後、目にうつるものすべてがなんとなくキラキラしていて、なんだろう、この気持ちは。

 

うん、読者諸賢にはとっくにお分かりのこととおもうが、つまりそれは、酔っぱらっているからです。

わたしはまだ、人気のない空き地で、遊んでいるよ。

夕暮れ時になったって、意地でも帰らないよ。

 

 

 

 

浮かむ瀬2017ラストライブ

f:id:myeongsa_kikuchi:20171127141633j:plain

 

11/26 浮かむ瀬 at yamne

(写真:みっしゃん)

 

1.静脈

2.踊る死体

3.cadenza

4.希望について(さいとういんこ)

5.トロンプルイユ

6.旗を燃やせ

7.恋愛映画

8.おぼれるものは

9.光のようね

10.街と賛美歌

11.汽笛

12.アンダーコントロール

13.血と水

14.生きることとそのまわり

15.静かに暮らすんだ

16.海鳴り

 

en.ベイビーグッドラック(chori)

 

ゆうべはご来場ありがとうございました。

雑貨屋yamne×momo endo「あたたかな金属」展×浮かむ瀬ライブ「とちがら」ということになるのかな。

 

たのしすぎて、村島もキクチも会場で(雑貨屋さんなのに!)ビールを5本くらいのみ、打ち上げ先では「焼酎ダブル」が通じなかったので「焼酎ロック、2杯ください」なキクチ、「ブリの刺身」を「ゴリの刺身」に空目して「え、ゴリ(小魚です)って刺身にできるん?」となぜか盛り上がっていた村島(あとなんかマムシ酒みたいなのものんでた気がする)。

二次会は近辺にお店がないため天下一品へ。

そしてわれわれは果敢にも、どういうテンションかわからないが日本酒をのみ倒した。天一で。熱燗。アホかいな。

4人いたけど誰もラーメンは食べなかった。

メンマとか、いろいろ注文はしました。

 

三次会でわたしはハイボールをのんだ。

補記するとそこまでの道程で二回転んだ。それも盛大にうしろに。さすがに二度目は天丼というか、ボケでしかない。しかし真剣にだったんだ。

 

朝起きて今度は薬用養命酒みたいなのと、鉄幹(焼酎)を3杯ほど、くいっとな。

帰ってきて、チューハイののち、いいちこお湯割り。

救いようがないとはよく言いますが、

きみに助けてもらうのを待ってるんだぜ。

 

と、どこかの詩人が上手いこと言ったていで死んでいる。

 

  

 

 

 

「旗を燃やせ」

旗を燃やせ
きみがたいせつに隠し持っていた
腹の中に巻き込んだ旗を燃やせ


冬の朝、手を洗う水のひゃっこさ
木綿豆腐に踊るかつぶしのチリチリした匂い
射精、うつくしい死に顔と寝息
コンビニ袋持ってるから、ごめん、片手しかつなげないんだ


旗を燃やせ
熾火のようなやさしさと
落雷のひらめきで旗を燃やせ

 

なんとなく念じた人から電話がかかってくる夜
SNSはまだ何もつないじゃいない
エナメルのパンプス、かかとの折れた
それが横断歩道の上空を綺麗な放物線を描いて飛ぶんだ

 

思想はぼくらを糖分過多にする
だけどそれだけじゃ舌が疲れてしまう

 

酔っ払いに殴られた頬骨の痛み
電車を待っているときの踏切の音が好き
きょうは少し化粧が濃い肉屋の姉さん
ぬるい缶ビール、間違えて買った

 

旗を燃やせ
永遠の消費期限にそろそろ飽きないか
小さな街の小さな家で
何度も小さく滅びるのさ
口づけた瞬間
思い出せないような
味がする明日へ

 

 

コンビニ袋持ってるから、ごめん
どっちの手ならつなげるかな

 

 

 

 

「踊る死体」

なんとなく
1日に1分くらい
きみのことを考えている
思い出さない日はないけれど
10分は言い過ぎだ

ベイビーフェイスもヒールもトゥ、からステップ
すっ飛ばされた夜にたくさんの嘘になりきれなかったことば
踊り続ける死体のような記憶たち
涙はうつくしくも醜くもなく、ただ無機質にあたたかいものです

ひとくち分だけ余した缶ビールと
ぼくの右手はつかの間同盟を結んだ
真っ暗な遊歩道、渡りきるまでは離れないよって
突っ立ったまま事切れた電灯の下、風がふいている

ミラノの夏、パリの秋、そしてベイジンの冬
きみのことを考えるようになったのはきっと
忘れてしまったからではなくて
幕間にふっと光が消える一瞬を
もう怖がらなくていいと腑に落ちたのだ

 

ワントゥ、よれよれのダンス
二の腕を拾って指先で口づける
爪痕は残っているからもうあまり強くは握らない
不完全な日々の連続のなか、血の流れる音だけ聞いていたい

 

気がつけばぼくは東京の片隅に佇んでいて
この街がどう滅びてゆくのか、考えていた
きみのことよりもすこし長く
夜をすっ飛ばして、ことばをすっ飛ばして
ディレイド、もつれた足が進む
ぼくもまた踊り続ける死体のひとつとして


涙はうつくしくも醜くもなく、ただ無機質にあたたかいものです
ただ、誰かの頬をあたためるためのものです

 

 

 

 

愛と和音

「感性とは手持ちのカードのようなもので、まだあるとおもっていても失われてゆく(大意)」

わたしが非常に感銘を受けた先崎学九段のことば。

 

3時半ごろまで夜っぴて原稿を書いていた。

それからコンビニへ行って、焼酎とたばこ、納豆にお粥、チョコレートとアルフォートという、やや錯乱気味な買い物をした。最近入った若いアルバイト店員は190センチになんなんとする偉丈夫で、とても無愛想だ。しかし誰だってこんな冷え込む晩秋の深夜にそんな買い物をしてゆくロン毛ヒゲの怪しい三十路男に愛想をふりまこうとはおもわないだろう。

自分の目が悪くてよかった、とおもうのは、こういうとき、彼の名札を読めないからだ。

もし仮に田中さん(仮)だとわかってしまえば、わたしのなかで彼は「無愛想な田中さん」として像を結んでしまう。

いまのままなら、他人のなかでもずいぶんと遠い存在としてすれ違ってゆける。

 

帰宅してしばらくすると、夜勤を終えた食客が帰ってきて、ラーメンをつくりはじめた。コンビニのVLの、安いラーメンなのだが、具はチャーシュー、メンマ、もやし、ネギと本格的(?)だ。

ちゃっかりチャーシューとメンマのお相伴にあずかった。

彼はずいぶんと疲れているようで、昼からも予定があるとのこと、それでもなんとなく人恋しくなっていたので、すこしばかり隣で焼酎をのんだ。

 

感性は共通言語のようなものだとおもう。

そのひとそのひとに、A(ラ)とかそれぞれ鳴っていて、それが仮に異なったキーでも、うまいこと和音になったりする。

もっとも、克明な言語表現として帰結はしないから感性という言い方をされるのであって、そこはcadenza、cadenza、cadenza……。

「その話前も聞いたで」と言われ、「忘れたぶんだけ楽しめるんだ」なんて強がりを言った。

なんの話かって?

「このひとべっぴんさんでしょ?」って話だ。

三十路の男ふたり、早朝にかたやラーメン、かたや焼酎でくだらない話。悪くない。彼とわたしの共通点は、きょう、おなじチャーシューとメンマを食べた、というだけなのだが、コード進行としてはじゅうぶん合っている(こういう適当なことをおもって言うからキクチバカオロカなのです)。

 

すっかり夜が明けていた。

エアコンの温度を上げる。

 

むかしは容易いように感じられた「自分を信じる」ということ、それが最近ではとてもむずかしい。

正確にいえば、それが過去をふくめたものの上に建っているのか、いま現在の自分を曇りない目で眺められているのか、ということでもある。

遠回りは悪くないが、非戦略的撤退ともいえる道草はほどほどにしておきたい。

 

まだ自分を信じているひとの顔をおもいだして、あらためて、自分を信じたい、とおもう。

自分を信じている自分こそ、まぎれもなく、いっとう格好いいのだから。