読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キクチミョンサ的

「なれのはて」ということばがよく似合う、ちいさなぼくのプライドだよ

恋愛映画

茹で卵がすきとか嫌いとかで

きみとぼくが離れるわけじゃないが

茹で卵の切り方ひとつで

ねじれてしまう情ならあるとおもうんだ

 

夜が長くなったねとつぶやくと

日の暮れるのが早くなったと言う

おんなじことを感じているのに

別々の場所にふれているみたいで

 

うれしいな

きみはぼくに染まっちゃいないし

ぼくもきみのなかで死ねない

 

手をつなぐとすこし冷えた

ふたり以外の世界がそこにある証拠だよ

 

夏のおわり、街灯のあわい、ぐうの音も出ないほど愛しあいたい

理性や感情でなくって、そう、空気みたいな軽さと重さで

これは恋愛映画じゃないからモノローグもエピローグも必要ない

ただ一瞬で、ただ一瞬で終わってはじまるのさ

 

 

きみは茹で卵がすきか嫌いか知らないが

ぼくはすきだな、わりと

その先は特別なにも焦らない

いつか笑ってそんな話をしたかっただけだ